2020年12月下旬 木星と土星が大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月上旬から下旬ごろ、夕方から宵の南西の低空で、木星と土星が大接近する。最接近は12月21日ごろ。

より詳しくは「木星と土星の超大接近特集」をご覧ください。

2020年12月 木星と土星の超大接近


星図

12月上旬から下旬ごろ、夕方から宵の南西の低空で、木星と土星が大接近して見える。

最接近は12月21日ごろで、約0.1度(満月の見かけ直径の約2割)まで近づく超大接近となる。これほどの大接近は次回は2080年まで起こらない、非常に貴重な現象だ。高倍率の天体望遠鏡でも同一視野に入るので、木星の縞模様とガリレオ衛星、さらに土星の環を一度に観察することができる。肉眼や双眼鏡では、日ごとに間隔が変化する様子や地上風景とのコラボレーションを眺めて楽しもう。17日には三日月も近づき3天体の集合が見られる。また来年1月上旬には水星も大接近する。

星図
21日と22日の、木星と土星の超大接近の様子(正立像)。視野円の直径は0.2度(満月の4割、250倍程度の天体望遠鏡で見たイメージ)

木星と土星の間隔
2020年5~12月の木星と土星の間隔の変化