【レポート】オンライン天文講習会「誰でもわかる画像処理」を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年6月27日(土)、アストロアーツ初のオンライン天文講習会を実施しました。今後もオンラインでの講習会を企画していく予定です。

【2020年7月7日 アストロアーツ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、閉ざされた空間に多数の人が集まる会議やセミナーなどは、オンラインで実施するようになってきました。これまでアストロアーツが池袋コミュニティ・カレッジで開催してきた天文講習会が中止になったこともあり、アストロアーツでもオンラインでの講習会を企画し、6月27日(土)午後から初のオンライン天文講習会「誰でもわかる画像処理」を無料で実施しました。

講師はアストロアーツの上山治貴が務め、天体画像処理ソフト「ステライメージ8」の「コンポジットパネル」や「画像調整パネル」を使った画像処理の手順について解説を行いました。また、画像処理前の撮影のポイントについても簡単に触れました。

今回のオンライン講習会では WEB会議システム「Zoom(ズーム)」を使い、受講申し込み者には事前にZoomのインストールと環境チェックをお願いしました。また、講習時は万が一のトラブルに備えアストロアーツのスタッフが待機し、映像や音声に問題が発生した場合には、受講者からチャットで知らせていただくようにしました。映像が見られないという方が1名いらっしゃいましたが(再接続で問題は解決)、とくに大きなトラブルもなく約90分の講習会は無事終了しました。

今回、49名のお申し込みをいただき、当日受講された方は40名でした。講習後のアンケートでは、さらにレベルの高い内容、少人数で質問しながらの講習スタイルなど、貴重なご意見をいただきました。撮影や「ステラショット」の使い方の講習も企画してほしいという声もありました。

オンライン講習会は今後、有料での開催を実施する予定です。日時や講習内容はアストロアーツのウェブページ星空アナウンスなどお知らせいたします。ご期待ください。


関連商品

天体写真の撮影時にカメラレンズの結露を防止する電熱線式ヒーター。DC 12V電源対応。