2019年8月13日 ペルセウス座流星群が極大

このエントリーをはてなブックマークに追加
8月13日、ペルセウス座流星群の活動が極大となる。月明かりはあるが、12日深夜から13日明け方と、13日深夜から14日明け方の2夜が見ごろだ。

より詳しくは「ペルセウス座流星群」をご覧ください。

2019年 ペルセウス座流星群


星図

8月13日、ペルセウス座流星群の活動が極大となる。予測極大時刻は午後4時ごろと日中なので、その前夜となる13日未明から明け方と、当夜の13日深夜から14日未明にかけての時間帯が最も見ごろになると予想される。

今年は満月前の大きい月がほぼ一晩中夜空を照らすため、極大時刻が日中であることと合わせて条件は良くない。見晴らしが良く空気が澄んだところで1時間あたり20個前後、視界が開けていないところではその半分から3分の1程度の出現数と予想される。流れ星は空のあちらこちらに飛ぶので、なるべく月から離れた方向を中心にして広く空を見渡しそう。明るい流れ星の割合が多いので、印象に残る流れ星が見られる可能性はある。

ペルセウス座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群の一つだ。速度は速めで、流れ星の後に煙のような痕が見られることも少なくない。母天体はスイフト・タットル彗星。