2019年3月下旬 火星とプレアデス星団が接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月下旬から4月上旬、夕方から宵の西の空で、火星とプレアデス星団が接近して見える。最接近は3月31日ごろ。

星図

3月下旬から4月上旬ごろ、夕方から宵の西の空で、火星とおうし座のプレアデス星団(すばる)が接近して見える。

最接近は3月31日ごろで、肉眼でもよく見える。前後2週間ほどは双眼鏡でも同一視野内で見ることができ、火星の赤っぽい色とプレアデス星団の星々の青白い色の対比が美しく眺められるだろう。写真にも収めてみたい。来月9日には細い月も並び、おうし座のアルデバランも含めて4天体が集まる。

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。