2018年12月 マックホルツ・藤川・岩本彗星が8等前後

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月上旬に発見されたマックホルツ・藤川・岩本彗星(C/2018 V1)が、12月中は夕方の西の空に見える。明るさは8等前後の見込みだ。

星図

11月上旬にマックホルツさん、藤川繁久さん、岩本雅之さんによって発見されたマックホルツ・藤川・岩本彗星(C/2018 V1)は、12月3日の近日点通過以降は夕方の西の低空に見えるようになる。目立つ天体が少なく位置の見当をつけるのが難しいが、星図やアプリなどで位置を調べて探してみよう。

12月の見え方
12月の見え方(場所の設定は東京、土星の位置は12月15日)。日付横の括弧内は予想等級。彗星は模式的に表現している。画像クリックで表示拡大

赤道座標の星図
赤道座標の星図(土星の位置は12月15日)。日付横の括弧内は予想等級。彗星は模式的に表現している。画像クリックで表示拡大

※予想等級は12月10日時点のものです。COBSの観測データや吉田誠一さんのウェブページの情報などに基づいて計算しており、随時修正する可能性があります。

※11月の見え方はこちら

〈関連リンク〉