2018年5月9日 木星がてんびん座で衝

このエントリーをはてなブックマークに追加
宵のころ南東の空でひときわ明るく輝いている木星が、5月9日に衝となる。一晩中見えるので観察の好機だ。

より詳しくは「木星特集」をご覧ください。

2018年 木星とガリレオ衛星


星図

宵のころ南東の空でひときわ明るく輝いている木星が、5月9日にてんびん座で衝となる。太陽‐地球‐木星がまっすぐに並び、一晩中見やすい時期だ。

明るく輝いているので肉眼でもすぐに見つけられる。おとめ座のスピカ、木星、さそり座のアンタレスと3つの明るい天体が並ぶ様子を眺めてみよう。また、木星の近くに見える3等星のてんびん座α星ズベンエルゲヌビとの接近の様子を双眼鏡で眺めたリ、天体望遠鏡で表面の縞模様や周囲を回る4つのガリレオ衛星を観察してみると一層面白いだろう。

関連商品

天体望遠鏡の像をパソコンに動画や静止画で取り込めるCMOSカメラ。月や惑星の観測や撮影を楽しめます。

〈関連リンク〉