2021年8月13日 ペルセウス座流星群が極大

このエントリーをはてなブックマークに追加
8月13日、三大流星群の一つに数えられるペルセウス座流星群の活動が極大となる。8月12日深夜から13日明け方が見ごろ。

より詳しくは「ペルセウス座流星群特集」をご覧ください。

2021年 ペルセウス座流星群


星図

8月13日、ペルセウス座流星群の活動が極大となる。極大時刻は明け方4時ごろと予測されているので、12日深夜から13日の明け方にかけて多くの流れ星が見られそうだ。

ピークのころには放射点が高く昇り、月明かりの影響がまったくないため、流れ星の観察に絶好の条件が揃っている。もともとの活動規模が大きい流星群なので、見晴らしが良く空が暗いところでは1時間あたり50個以上の流れ星が見られるかもしれない。郊外でも20個程度は見られるだろう。また、数は減るが前後の日にも見ることはできる。

ペルセウス座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群の一つだ。速度は速めで、流れ星の後に煙のような痕が見られることも少なくない。母天体はスイフト・タットル彗星。