2018年7月28日 火星がやぎ座で衝

このエントリーをはてなブックマークに追加
宵のころ南東の空に見えている火星が、7月28日に衝となる。一晩中見えるので観察の好機だ。地球と火星の最接近は31日。

より詳しくは「火星特集」をご覧ください。

2018年 火星大接近


星図

宵のころ南東の空に見えている火星が、7月28日にやぎ座で衝となる。太陽‐地球‐火星がまっすぐに並び、一晩中見やすい時期だ。

この日は満月(明け方に皆既月食)なので、太陽・地球・月・火星が一直線に並んでいることになり、夜空でも火星と月が比較的近くに並んで見える。

火星は3日後の7月31日に地球と最接近する。距離が6000万kmを切るほどの大接近となり、赤さや明るさがひときわ目立って輝いてみえるはずだ。やや低めではあるが、秋ごろまで見やすいので、長期にわたって観察を続けてみよう。また、夏の間は宵空に木星や土星も見やすいので、惑星観察や撮影を楽しもう。

関連商品

天体望遠鏡の像をパソコンに動画や静止画で取り込めるCMOSカメラ。月や惑星の観測や撮影を楽しめます。

〈関連リンク〉

関連記事