形が見えてきた!「はやぶさ2」リュウグウ到着まであと2週間

このエントリーをはてなブックマークに追加
探査機「はやぶさ2」は、6月14日時点で小惑星「リュウグウ」に約750kmまで近づいている。13日に撮影されたリュウグウの姿はほぼ球形だが少し角ばっているようにも見える。リュウグウ到着は6月27日前後の予定だ。

【2018年6月14日 JAXA 宇宙科学研究所ファン!ファン!JAXA!

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」は現在、6月27日ごろに予定されている小惑星「リュウグウ」到着に向けて、軌道修正を繰り返しながらその距離を順調に縮めている。6月14日の時点で「はやぶさ2」は、約750kmまでリュウグウに近づいている

6月13日に光学航法用望遠カメラ「ONC-T」で約920kmの距離から撮影された画像では、リュウグウは10ピクセル程度のサイズで写っている。地上観測から推定されている通り、直径は900m程度とみられる。時間をおいて撮影した画像でも形状があまり変わらないことから、2005年に「はやぶさ」が探査した小惑星「イトカワ」のような、極端に細長い形ではないようだ。詳しい形が見えてくるのはさらに接近してからだが、今の時点で少し角があるようにも見える。6月20日ごろには100ピクセル、6月25日ごろには400ピクセルのサイズで写るはずとのことだ。

リュウグウ
光学航法用望遠カメラ「ONC-T」で6月13日に撮影された「リュウグウ」(提供:記者説明会資料より、以下同)

また、リュウグウに衛星が存在するかどうかも調べられている。6月7日にはリュウグウから2100km離れた位置で178秒の長時間露光撮影が4回行われ、リュウグウの周りを公転運動する物体がないかどうか探索された。
衛星探索用画像
移動する物体(衛星)の探索のために撮影されたリュウグウとその周囲の画像。白い円の中は12等より明るい恒星

探索の結果、リュウグウから距離50km以内に大きさ50cm以上の衛星は存在しないようだが、万が一「はやぶさ2」が衛星と衝突することがあればミッションにとって危険なため、今後も探索が続けられる予定だ。

中間赤外線カメラ「TIR」では、リュウグウの自転による明るさの変化がとらえられている。6月7日から8日にかけて撮影されたリュウグウの光度変化は、地上からの観測で得られていた光度曲線とほぼ一致していて、自転周期はこれまでの想定通り約7.6時間とみられる。

リュウグウの光度曲線
中間赤外線カメラ「TIR」で得られたリュウグウの光度曲線

また、レーザー高度計「LIDAR」が約2年ぶり、近赤外線分光計「NIRS3」が半年ぶりにそれぞれ電源が投入され、両機器が正常であることも確認された。リュウグウまで距離25km以内に近づいた後はLIDARで距離を計測することになっている。

今後は、撮影と軌道修正を数日おきに繰り返しながらリュウグウに近づき、6月27日ごろにリュウグウの上空20kmの「ホームポジション」と呼ばれる位置に到着する予定になっている。リュウグウの新しい画像はほぼ軌道修正を行うごとに、「はやぶさ2」ミッションのウェブサイトで公開される見込みだ。