2018年3月中旬 火星と干潟星雲、三裂星雲が大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月中旬から下旬にかけて、未明から南東の空に見える火星が、いて座の干潟星雲と三裂星雲の間を通り過ぎていく。

星図
囲み内は、金星(中央左下)を基準として水星の位置を示している

3月中旬から下旬の未明から明け方、南東の空に見えている火星が、いて座の干潟星雲と三裂星雲に大接近する。

最接近は3月20日ごろで、その前後の期間に火星は2つの星雲の間を西から東へと通り抜けていくように動く。やや低空での現象となるが、ぜひ双眼鏡や低倍率の天体望遠鏡で観察したい。望遠レンズでの撮影も挑戦してみよう。火星は今後さらに東へと移動していき、4月上旬に土星と大接近する。

火星の動き
3~5月の火星の動き。干潟星雲、三裂星雲との最接近は3月19、20日ごろ。その後、4月2日前後に球状星団M22との大接近、3日ごろに土星との大接近なども起こる

〈関連リンク〉