天体撮影ソフト「ステラショット」のオートガイダー対応予定について

このエントリーをはてなブックマークに追加
天体撮影ソフト「ステラショット」でオートガイダー制御に対応する「1.5アップデータ」のパブリックβ版を、4月上旬にリリースいたします。

【2016年3月31日 アストロアーツ

天体撮影ソフトウェア「ステラショット」につきまして、市販のオートガイダーに対応した無償アップデータ「ステラショット 1.5アップデータ」のリリース準備を現在進めております。

当初、「2016年3月にオートガイダーへの対応を予定」とアナウンスしておりましたが、天候等の関係で開発および動作テストに時間がかかっております。ステラショットのオートガイダー対応を長らくお待ちいただいているお客様には、スケジュールが遅れておりますことを深くお詫び申し上げます。

今回、「1.5アップデータ」の正式リリースに先立って、最新の開発版を「パブリックβ版」として4月上旬に先行配布させていただくことといたしました。この「パブリックβ版」でオートガイダーの制御をお試しいただき、「1.5アップデータ」正式版のリリースまで今しばらくお時間をいただければ幸いです。

対応予定オートガイダー

  • QHYCCD: QHY5L-II-M
  • Starlight Xpress: Lodestar X2, Superstar, Ultrastar

詳細につきましては、4月上旬のパブリックβ版リリース時に改めてアストロアーツWebサイトのトップページやステラショット製品ページ等でお知らせいたします。

ステラショット1.5開発版で Starlight Xpress のオートガイダーを使ってオートガイドを行う様子
ステラショット1.5開発版で Starlight Xpress のオートガイダーを使ってオートガイドを行う様子。クリックで拡大