カタリナ彗星が6等台

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月にカタリナ彗星(C/2013 US10)が6等台で見えると予想されている。中旬ごろまでは未明から明け方に見やすく、下旬からは周極星となって一晩中見える。2日前後のアルクトゥールスとの大接近などに注目しよう。

星図

(2月の星図)(2015年12月の星図)

1月にカタリナ彗星(C/2013 US10)が6等台で見えると予想されている。うしかい座から北斗七星のあたりを移動しており、中旬ごろまでは未明から明け方に見やすく、下旬からは周極星となって一晩中観察可能になる。とくに注目は、2日前後のアルクトゥールスとの大接近と、17日ごろの回転花火銀河M101との大接近だ。アルクトゥールスや北斗七星を目印にして、双眼鏡で眺めたり天体写真に収めたりしてみよう。

深夜から未明の空での見え方の星図
深夜から未明の空での見え方。彗星の明るさや尾は大げさに表現している。クリックで拡大

赤道座標の星図
赤道座標の星図。1月10日が新月で、この前後がとくに観察や撮影のチャンス。彗星の明るさや尾は大げさに表現している。クリックで拡大

関連リンク