2023年の暦要項発表、日本からは日食と月食が1回ずつ

このエントリーをはてなブックマークに追加
国立天文台から、来年2023年の「令和5(2023)年暦要項」が発表された。4月20日に九州南部などで部分日食が、10月29日に全国で部分月食が見られる。伝統的七夕は8月22日、中秋の名月は9月29日。

【2022年2月1日 国立天文台

国立天文台では、国際的に採用されている基準暦に基づいて、太陽・月・惑星の視位置など諸暦象事項を推算し、「暦書」として「暦象年表」を発行している。ここから主要な項目を抜粋したものが暦要項で、国立天文台で推算した翌年の暦(国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食など)が掲載される。

暦要項は毎年2月の最初の官報で翌年分が発表されることになっており、今年も2月1日に「令和5(2023)年暦要項」が発表された。主な内容は以下のとおり。

令和5(2023)年の国民の祝日

祝日 日付 祝日 日付
元日 1月 1日 海の日 7月17日
成人の日 1月 9日 山の日 8月11日
建国記念の日 2月11日 敬老の日 9月18日
天皇誕生日 2月23日 秋分の日 9月23日
春分の日 3月21日 スポーツの日 10月 9日
昭和の日 4月29日 文化の日 11月 3日
憲法記念日 5月 3日 勤労感謝の日 11月23日
みどりの日 5月 4日
こどもの日 5月 5日
  • 1月2日は振替休日となる。また、上記のうち土曜日になるのは2月11日、4月29日、9月23日。

2023年の日食・月食など

2022年には、世界全体で日食が2回、月食(本影食)が1回起こる(以下で日時は日本時)。

日食

  • 4月20日:金環皆既日食(東南アジア、オーストラリアなど)
    中心食帯の東西の端では金環日食、その間の中心食帯では皆既日食となる。金環皆既日食が起こるのは2013年11月3日以来。
    日本では南西諸島、九州南部、四国南部、近畿南部、伊豆半島~房総半島、小笠原諸島などで部分日食が見られる(13時30分~15時ごろ)。
  • 10月15日:金環日食(北中米、ブラジルなど)
    日本からは全く見えない。

2023年4月20日の日食
2023年4月20日の日食は、日本付近では図の黄線より南で部分日食として見える。右下は那覇で見た最大食(14時21分ごろ)の様子で食分は0.15(「エクリプスナビゲータ」で作成)

月食

  • 5月6日:半影月食(ヨーロッパ、アフリカ、ロシア、アジアなど)
    日本でも全国でほぼ全過程が見られる(未明~明け方)。
  • 10月29日:部分月食(ヨーロッパ、アフリカ、ロシア、アジアなど)
    日本でも全国でほぼ全過程が見られる。
    部分食の開始:4時35分/食の最大:5時14分/部分食の終了:5時53分(時刻はステラナビゲータによる)。

2023年10月29日の月食
2023年10月29日の部分月食は、日本では明け方の西の空で起こる。食の最大時における東京での月の高度は9度と低い。月の上の輝星は木星(「ステラナビゲータ」で作成、月は大きめに描画)

惑星食

  • 日本からは3月24日の金星食(南西諸島~九州南部、21時ごろ)が見られる。

満月

  • 2023年の13回の満月のうち、最も大きく見えるもの(望の瞬間に月の地心距離が最小となるもの)は8月31日の満月(30~31日の月)。また、最も小さく見える(地心距離が最大となる)のは2月6日の満月(5~6日の月)。
  • 8月は2日と31日の2回、満月がある。

その他

以下で「旧暦」は「かつて用いられていた天保暦と同様の決め方による暦」と考えるものとする。

  • 伝統的七夕:8月22日
    二十四節気の一つ「処暑」(2023年は8月23日)の直前の新月の日(旧暦の七月一日。2023年は8月16日)を1日目として、7日目(旧暦七月七日)が伝統的七夕の日となる。
  • 中秋の名月:9月29日
    「秋分」(2023年は9月23日)の直前の新月の日(旧暦の八月一日。2023年は9月15日)を1日目として、15日目(旧暦八月十五日)が中秋の名月の日となる。2021年、2022年に続いて満月の日と一致している。また「後の月(旧暦九月十三日)」の日は10月27日。

タグ