前澤さん平野さん、12月にISSへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
実業家の前澤友作さんと平野陽三さんが今年12月、ソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーションに向かう準備を始めたことが発表された。

【2021年5月14日 ROSCOSMOSSpace Adventures

米国の宇宙旅行会社「スペースアドベンチャーズ」とロシア・ロスコスモスは、日本人実業家の前澤友作さんが、今年12月に予定している国際宇宙ステーション(ISS)滞在に向けた健康診断に合格し、訓練を含めた一連の準備を開始したと発表した。

前澤友作さん
前澤友作さん(提供:ROSCOSMOS News)

民間人がISSへ向かうのは、2009年9月のGuy Lalibertéさん(カナダ)以来12年ぶりで、日本の民間人がISSに滞在するのは初となる。また、日本の民間人が宇宙へ行くのは、1990年12月に宇宙ステーション「ミール」に滞在した秋山豊寛さん(当時TBS記者)以来31年ぶりだ。

前澤さんは同行者の平野陽三さん、ロシアのAlexander Misurkin宇宙飛行士と共に、12月8日にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられるロシアのソユーズ宇宙船(MS-20)に搭乗してISSに向かい、およそ12日間ISSに滞在する予定とのことだ。滞在に向けて前澤さんたちは、6月からロシアのユーリガガーリン宇宙飛行士訓練センターで約3か月間の宇宙飛行訓練を行う。

「宇宙滞在がどんなものなのか、とても興味があります。自らそれを体感して発信することで、世界の人々とその経験を共有する予定です」(前澤さん)。

スペースアドベンチャーズ社は2001年にロスコスモスと共同で世界初の宇宙旅行を実施し、以来これまでに7名の民間人がISSを訪れている。前澤さん、平野さんは8人目、9人目となる予定だ。「2人の民間人が同時に宇宙飛行に臨むことは初のことで、ISSへの民間宇宙旅行ミッションとしては約10年ぶりとなります。宇宙へようこそ、友作!」(スペースアドベンチャーズ 会長兼最高経営責任者 Eric Andersonさん)。

《前澤さんと平野さんの略歴》

● 前澤友作さん:
1975年生まれ、千葉県出身。ファッションサイト「ZOZO」を運営する株式会社スタートトゥデイを設立し、社長を2019年まで務めた。米国のスペースX社が2023年に打ち上げを予定している有人宇宙船「スターシップ」による月周回ミッションに参加予定。
● 平野陽三さん:
1985年生まれ、愛媛県出身。ZOZOでフルフィルメント部門の責任者として従事、その後映像制作会社などを経て、株式会社TRENTを創業、現在同社の役員を務める。

関連記事