2021年12月下旬 火星とアンタレスが接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月下旬から1月上旬ごろ、未明から明け方の南東の低空で、火星とアンタレスが接近する。最接近は12月28日ごろ。

星図

12月下旬から来年1月上旬ごろ、未明から明け方の南東の低空で、火星とさそり座の1等星アンタレスが接近して見える。

最接近は12月28日ごろで、5度未満まで近づき、25日ごろから31日ごろまでは双眼鏡の同一視野内で見ることができる。赤く明るい星が2つ並ぶ光景はとても印象的だ。色や明るさ(アンタレスのほうが明るい)を見比べてみよう。日の出1時間前の高度が10度未満とかなり低いので、南東の空が開けたところで観察しよう。1月1日には月齢28の非常に細い月も接近する。