2020年4月8日 スーパームーン

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月7日から8日にかけての満月は、今年見える満月のうちで最も大きな「スーパームーン」となる。

星図

4月8日の満月は今年見える満月のうちで最も大きなものだ。このような満月のことを「スーパームーン」と呼ぶこともある(定義は諸説ある)。

月の公転軌道が楕円であるため月と地球との距離は約36万kmから40万kmの間で変化する。その最接近のタイミングと満月となるタイミングが近いと、月が大きく見えるというわけだ。今年の場合、8日の未明3時9分ごろに月が地球に約35.7万kmまで最接近し、約8時間半後の11時35分ごろにちょうど満月となる。つまり「7日の宵から8日明け方」にかけての満月がスーパームーンとなる。

一方、今年最小の満月は10月31日の満月だ。見かけの直径が約14%も変化するが、眼視では大きさの変化はわかりにくい。同じ拡大率で撮影して比べるとわかりやすいだろう。

アストロアーツでの「スーパームーン」の考え方(言葉の使い方)

科学的な定義が決まっていない言葉ですが、アストロアーツでは現状“「月の近地点通過(月と地球が最接近するタイミング)」と「満月の瞬間」が「12時間(半日)以内」の場合、その前後の夜に見える満月”を指してスーパームーンと表記しています。「これが正しい」ではなく「このように考えることにしている」ということです。

  • 日本の国立天文台では「スーパームーン」という言葉を使わず「年間最大の満月」と表現しています。この場合は距離や時刻に関わらず、毎年必ず1回だけ起こることになります。
  • アメリカでは「距離36万km以内の満月」「月の近地点距離を基準として、ある距離範囲内にある満月」などを指してスーパームーンと呼んでいるようです。この場合、一年間で複数の満月がスーパームーンに該当することがあります。

データ(NASAによる)

|日時 | 距離
満月の瞬間 |04月08日 11時35分 |35万7030km
地球中心と月の最接近 |04月08日 03時09分 |35万6907km
東京から見た月の最接近 |04月07日 23時23分 |35万1746km

上2つは「地球中心と月中心」の距離、一番下は「地球表面と月中心」の距離

満月(望)の「瞬間」に「東京から月」が一番近いのは3月10日2時48分(35万3082km)です(4月8日11時35分の東京から月は36万2403km)。このように、実際に見える満月(の瞬間の月)が一番大きい日付とスーパームーンの日付とが異なる場合もあります。

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。