2018年11月中旬 金星とスピカが大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月中旬ごろ、明け方の東南東の低空で、金星とスピカが大接近して見える。最接近は15日ごろ。

星図

11月中旬ごろ、未明から明け方の東の低空で、明けの明星の金星とおとめ座の1等星スピカが大接近する。

最接近は11月15日で、その間隔は約1度と満月2個分ほどの距離まで近づく。最接近の前後の日も観察して、金星がスピカの近くを動いていく様子も確かめてみよう。かなり低空での現象なので、あらかじめ東から南東の空が低空までよく開けているところを見つけておこう。

〈関連リンク〉