オシリス・レックス、5月にベンヌを出発

このエントリーをはてなブックマークに追加
NASAの探査機オシリス・レックスが5月10日に小惑星ベンヌを出発すると発表された。2023年9月24日に地球へサンプルを届ける見込みだ。

【2021年2月3日 NASA

2018年10月に小惑星ベンヌに到達したNASAの探査機オシリス・レックスは、5月10日に帰還の旅を始めることになった。当初の予定では3月に出発することになっていたが、5月にすることで燃料の消費を最小限に抑えられるほか、4月はじめにベンヌへ約3kmの距離まで接近する機会が得られる見込みだ。

オシリス・レックスの想像図
ベンヌを出発するオシリス・レックスの想像図(提供:NASA/Goddard/University of Arizona)

ベンヌへの最後のフライバイでは、昨年10月にオシリス・レックスがタッチダウンした地点「ナイチンゲール」をもう一度観測することが計画されている。ロボットアームの先端をベンヌの表面に接地させる「タッチ・アンド・ゴー(Touch-and-Go; TAG)」によるサンプルの採取やベンヌから離脱するためのエンジン噴射で、地表がどれだけ変形したのか調べるのが狙いである。

「オシリス・レックスからは、すでに驚くべき科学的成果が得られています。TAGによって表面がどうなったかに関する情報を取得して、ミッションにふさわしいベンヌとのお別れができそうです」(NASA惑星科学部門 Lori Glazeさん)。

最後のフライバイは、カメラや分光器、レーザー高度計といった観測機器の状態を確認する機会でもある。サンプル採取の際に舞い上がった塵が機器に付着して影響を与えている可能性もあるからだ。オシリス・レックスは2023年9月24日に地球へサンプルが入ったカプセルを届けた後、さらに別の天体へ向かうこともありうる。観測機器のチェックは、延長ミッションの可否を占うためのものでもある。

〈参照〉

〈関連リンク〉