2017年12月9日 レグルス食(白昼)

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月9日の朝8時半から9時半ごろ、月齢21の月がしし座のレグルスを隠す恒星食が起こる。

星図

12月9日の午前中、月齢21の月がしし座のレグルスを隠す恒星食が起こる。東京の場合、アルデバランが月の明るい縁に潜入して隠れるのは8時39分ごろ、暗い縁から出現するのは9時41分ごろとなる。白昼の現象なので観察には天体望遠鏡が必須だ。出現の時刻や月の縁のどこから出てくるか、月の高度がどのくらいかは観測場所によって異なるので、シミュレーションなどで事前によく確かめておこう。

なお、前日8日の深夜から9日の夜明けごろまでは月とレグルスが大接近しており、肉眼や双眼鏡で見て楽しめる。

レグルスの潜入・出現位置と時刻
レグルスの潜入・出現位置と時刻(図は上が天の北)

〈関連リンク〉