星ナビ5月号は「日食レポート」と「重力波天文学の幕開け」

このエントリーをはてなブックマークに追加
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2016年5月号は、4月5日(火)発売です。アインシュタインが予言した重力波が検出されたという衝撃のニュースから2か月、改めて詳細を解説します。3月9日のインドネシア~太平洋皆既日食から1か月、月の本影の下では、観測隊の悲喜こもごもがありました。

【2016年4月4日 アストロアーツ

星ナビ2016年5月号表紙

橋本佳久さんによる、インドネシア テルナテ島での薄雲越しの第3接触です。皆既30分ほど前から雲に太陽が入ってしまいましたが、皆既後半から雲がやや薄くなりベイリーズビーズを撮影できました。


インドネシア~太平洋皆既日食から1か月 雲雨晴の日食悲喜こもごも

日本では部分日食のみとあって、多くの日食ファンがインドネシアへ出向きました。雲の濃淡により、快晴に恵まれた場所もあった一方で、雲越しの部分食のみとなった場所、皆既開始30秒ほどで、雲を通してコロナが見えてきた場所など、さまざまでした。

インドネシア~太平洋皆既日食から1か月 雲雨晴の日食悲喜こもごも


ついに発見!重力波「直接検出」の意味と意義

2015年9月14日9時50分45秒、アメリカの第二世代重力波天文台LIGOが重力波を直接検出することに成功しました。重力波そのものだけでなく、直接検出がもたらす科学的意義を解説します。

ついに発見!重力波「直接検出」の意味と意義


薄明のロケット飛翔~X線天文衛星「ひとみ」&ロケット雲・ガス噴射

2月17日、種子島宇宙センターよりH-2Aロケット30号機でX線天文衛星「ひとみ」が打ち上げられました。その後、種子島から1000km以上も離れた地域で上昇するロケットやロケット雲、謎の噴射の目撃が相次ぎます。ロケットの軌道と観測画像から、当日起こったさまざまな出来事を振り返ります。

薄明のロケット飛翔~X線天文衛星「ひとみ」&ロケット雲・ガス噴射


ステラショットで完走「デジタルメシエマラソン」

一晩でメシエ天体を全部見てしまおうという「メシエマラソン」。「ステラショット」を駆使して、自動導入、デジタル一眼カメラで撮影、パソコンモニターで見るというデジタルメシエマラソンに挑戦しました。

ステラショットで完走「デジタルメシエマラソン」


星の写真調整21 Lab色彩調整とマトリクス色彩補正

特定の色のみを強調したり、彩度を高めて鮮やかな写真にすることができる「Lab色彩調整」と「マトリクス色彩補正」について解説します。

星の写真調整21 Lab色彩調整とマトリクス色彩補正

ステライメージ製品ページ「動画で学ぶデジカメ画像処理入門」では、誌面と連動して動画を用いて画像処理の方法を紹介しています。


お求めは全国の書店、またはアストロアーツオンラインショップAmazon.co.jp で。

タグ

〈関連リンク〉