板垣さんがペガスス座に超新星を発見、今年3個目

このエントリーをはてなブックマークに追加
山形県の板垣公一さんが4月25日、ペガスス座の銀河に超新星を発見した。板垣さんの超新星発見は今年3個目、通算103個目となる。

【2015年5月8日 CBATATel

山形県の板垣公一さんが4月25.7862日(世界時。日本時では26日4時ごろ)、ペガスス座方向の銀河NGC 7712に超新星候補天体を16.3等で発見した。天体の位置は以下のとおり。

赤経  23h35m52.26s
赤緯 +23°36′52.1″ (2000年分点)

ペガスス座の超新星の発見画像
ペガスス座の超新星の発見画像(撮影:板垣公一さん)

米・キットピーク国立天文台での分光観測から、極大約1か月後のIc型超新星とみられる。板垣さんによる超新星発見は今年3個目で、通算では103個となった。

NGC 7712周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星
NGC 7712周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星。クリックで拡大(「ステラナビゲータ」で星図作成。DSS画像の版権について


ペガスス座の超新星の位置

新発見の超新星を天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ」で表示して位置を確認できます。「ツール」メニューから「データ更新」した後、「SN 2015* (NGC 7712)」を検索・表示してください。

また、新しいデータや番組をオンラインで入手できる「コンテンツ・ライブラリ」(「コンテンツ」メニューより)では、星図に一覧表示できる「板垣さんが発見した超新星」「日本人が発見した超新星」も公開しています。あわせてお楽しみください。

〈参照〉

〈関連リンク〉

〈関連ニュース〉