夜空の明るさ比較キャンペーン「GLOBE at Night」が11日スタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界各地での星の見え方を報告しあい、夜空の明るさを比較する「GLOBE at Night」キャンペーンが、今年は「国際光年2015」の公式イベントとして開催される。2015年の第1回目は1月11日から、オリオン座の星を対象に実施される。

【2015年1月9日 GLOBE at Night

「無駄な人工光を減らし、夜空に星の輝きを」――世界中で一般市民が星の見え方を観察・ウェブで報告し、夜空の明るさ世界マップを作る「GLOBE at Night」は、アメリカ国立光学天文台・国際ダークスカイ協会らが光害問題の啓発と星空保護・地球環境保護の意識向上を目的として始めたキャンペーンだ。10年目を迎える2015年は、国際光年2015の公式イベントにもなっている。

キャンペーンは毎月1回指定された期間に実施され、2015年の第1回は1月11日(日)から20日(火)まで。この期間内にオリオン座を眺めて、どれだけ暗い星まで見えるかを観察場所の情報をそえてインターネットで報告する。観察や報告に便利な無料アプリ「Loss of the Night(光害調査アプリ)」(iPhone、Android端末用)も公開されている。

詳細はウェブサイト「世界規模の夜空の明るさ同時観測キャンペーン GLOBE at Night」へ。