星ナビ7月号は「おうちで天文」と「オーストラリア遠征記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
空を楽しむための月刊「星ナビ」2020年7月号は6月5日(金)発売です。特集の「おうちで天文」では自宅や近所での星空の楽しみ方を紹介。一方「オーストラリア遠征記」では、星ナビギャラリーでお馴染みの3人が南天の星空とともに遠征の様子をレポートします。

【2020年6月2日 星ナビ編集部

星ナビ2020年7月号表紙

三本松尚雄さんが撮影した、南十字とコールサックです。本誌では、表紙写真を撮影した三本松さん自身によるオーストラリア遠征のレポートを掲載しています。


今、頭上に輝く星空を見上げる おうちで天文

外出自粛が推奨されている今、天文ファンの皆さんはどう過ごしていますか?予定していた遠征や天文イベントがなくなり気落ちしている人もいると思いますが、家からでも楽しめるのが天文趣味のいいところ。自宅の窓やベランダ、散歩をしながらの星見や、YouTubeやZoomでの星見会といった新しい楽しみ方までまとめて紹介します。

※アストロアーツのウェブサイトでも自宅で楽しめる天文コンテンツを集めたポータルページ「おうちで天文」を公開中です。

おうちで天文


Deepな天体写真 豪州遠征記1 星嵐のオーストラリア

「星ナビギャラリー」でお馴染みの3人が2月、オーストラリアに14日間の撮影遠征に出かけました。2月の南半球といえば星空を見る最適期。大マゼラン雲、ηカリーナ、南十字など一度は撮影したい天体が目白押しです。第1回の今回は、遠征で撮った美しい天体写真とともに、渡航前の撮影戦略を中心に報告します。

豪州遠征記1


6月21日 全国で部分日食

このごろ日本では、昨年1月、12月、今回と立て続けに3回日食が起こり、珍しい現象という印象が薄らいでいますが、これは本当に稀なこと。実は今回を逃すと、日本で観測できる見ごたえのある日食は10年後の2030年6月! 絶対見ておきたい今回の日食の観測概要、安全に観測・撮影するためのノウハウを解説します。

6月21日部分日食


天文外史 刻々の100年〈後編〉 “秒”の意識と天文学

「時の記念日」の誕生から100年を迎える今年6月。後編では「1秒」の定義の変化、マルチメッセンジャー天文学、GPSなど、人々の生活や現在の科学とも深く関係する「時」を「1秒」に注目して紹介していきます。

“秒”の意識


愛され続けるアマチュア天文学の聖地 復活の花山天文台

京都大学花山天文台は大学天文台としては国内で2番目に古い歴史的な天文台です。アマチュア天文学にも大きく貢献してきた天文台ですが、運営費の削減により存続の危機に陥っていました。支援の輪によって閉鎖の危機を乗り越えたアマチュア天文学の聖地が目指す夢とは何でしょうか。

花山天文台


お求めは全国の書店、またはアストロアーツオンラインショップAmazon.co.jp で。電子版も電子書籍ストア各社で配信しています。

星ナビ2020年7月号

タグ

関連記事