星ナビ1月号は「星のゆく年くる年」と「星空ハンドブック2020」

このエントリーをはてなブックマークに追加
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2020年1月号は12月5日(木)発売です。2019年の天文イベントを振り返り、新しい年を迎える準備をしましょう。綴じ込み付録の「星空ハンドブック2020」は持ち運びしやすく星見や撮影におすすめです。

【2019年12月3日 星ナビ編集部

星ナビ2020年1月号表紙

西澤政芳さんによる北海道富良野市から見上げたオリオンです。60分露出の一枚撮りで星の色が美しく軌跡を描いています。


綴じ込み特別付録「星空ハンドブック2020」

2020年の毎月の星図と主な天文現象、惑星の動き、天体出没表などをまとめた便利なハンドブック。星撮りや観望など、フィールドで使いやすいB5版サイズです。

星空ハンドブック2020


星空トピック総まとめ2019 星の「ゆく年」

「ブラックホールシャドウ」や「はやぶさ2」が話題になった2019年。2例目となる恒星間天体「ボリソフ彗星」の接近、部分・金環・皆既すべてを見る「日食グランドスラム」のほか、進化する天文普及や新発売の天文機材をまとめました。

星のゆく年2019


天文現象ピックアップ2020 星の「くる年」

2020年の天文界は、私たちにどんな天文ショーを見せてくれるでしょうか。国内では部分日食が1回、半影月食が3回起こる「食三昧の年」と言えそうです。火星の準大接近や火星・木星・土星の集合、木星と土星の超接近、好条件な流星群情報と、2020年の見逃せない天文現象を紹介します。

星のくる年2020


オリンパス×星ナビ Dノ星 Siの記憶「手持ち星景で見えてくる新しい地平」

連載「銀ノ星」連載200回を迎えた飯島裕さんが、「オリンパス OM-D E-M1X」で「手持ち星景」に挑戦。三脚の束縛から解放された自由な星空を楽しみます。

Dノ星


エーゲ海の風ー第13回「世界中に散らばったパルテノンの至宝」

古代ギリシアの象徴ともいえるパルテノン神殿の彫刻群は今、遠く離れたイギリス・大英博物館に数多く収蔵されています。19世紀、エルギン卿により英国に持ち込まれたもので、大英博物館の花形展示となっています。今なお返還運動が続く美術品たちがたどった数奇な運命を追いました。

エーゲ海の風


お求めは全国の書店、またはアストロアーツオンラインショップAmazon.co.jp で。電子版も電子書籍ストア各社で配信しています。

星ナビ2020年1月号

タグ

〈関連リンク〉

関連記事