観測ロケットMOMO 3号機、宇宙空間への到達に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴールデンウィーク中の5月4日、インターステラテクノロジズ株式会社が観測ロケットMOMO 3号機の打ち上げ実験を実施し、民間単独による開発・製造のロケットとしては日本初となる宇宙空間への到達に成功した。

【2019年5月7日 インターステラテクノロジズ株式会社

日本時間2019年5月4日5時45分、インターステラテクノロジズ株式会社の観測ロケット「宇宙品質にシフト MOMO3号機」の打ち上げ実験が北海道大樹町で実施された。

打ち上げから4分後、MOMO 3号機は最高高度100km以上に到達し、日本国内で民間企業が単独で開発・製造したロケットとしては初めて、宇宙空間への到達に成功した。MOMO 3号機は8分35秒の飛行の後、予定どおり太平洋上に落下した。

MOMO 3号機の打ち上げから宇宙空間到達までのダイジェスト映像(提供:インターステラテクノロジズ株式会社)

これまで、2017年7月30日にMOMO 1号機の打ち上げ実験が実施されたが、66秒間の飛行で約20kmまでしか到達できなかった。また2018年6月30日に2号機の実験も行われたが8秒後に落下してしまった。こうした実験から得られたデータを元にした見直しや改良が、今回の成功につながった。

インターステラテクノロジズでは今後も観測ロケット「MOMO」や人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO」をはじめとしたロケット開発・ロケット打ち上げサービスの確立を目指す。