サイトロンジャパンが名古屋にショールームをオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋市内の駅徒歩圏内の天文ショップ・スコーピオと同じビルに、サイトロンジャパンが国内3か所目となるショールームをオープンした。

【2018年10月30日 星ナビ編集部

レポート:谷川正夫さん(Tanikawa Plan-net)

「星ナビ」2018年10月号「ニュースウォッチ」より抜粋)

2015年11月の開店から3年が経過しようとしている名古屋の天文ショップ・スコーピオ。そのスコーピオが入っている同じ建物の一室に、8月4日「サイトロンジャパン 名古屋ショールーム」がオープンした。サイトロンジャパンがスコーピオに運営委託をしているという形態だ。これでサイトロンジャパンのショールームは、東京本社、東京・秋葉原のアストロショップ シュミットに加え、国内3か所目となった。

所狭しとショールームに並ぶのは、皆さんお馴染みのスカイウォッチャー、セレストロンの望遠鏡、サイトロンなどの双眼鏡と最近売り出し中のLAOWA(ラオワ)カメラレンズ群。天体望遠鏡は、ビギナー向けはもちろんんのこと、口径11インチ(28cm)まで展示している。LAOWAは、マニュアルフォーカス、単焦点、小型で明るく高性能な今最も気になるレンズだ。ここでは多くの機種を見て触って購入できる。

場所は名古屋の中心部から程近く、最寄りの駅から徒歩圏内とたいへんアクセスのしやすい立地にある。都会の真ん中のため夜の空は明るいが、晴れていれば店舗前プチ観望会を開いて、見えている月や惑星などを望遠鏡で覗かせてくれる。名古屋方面に行く際は、ぜひ立ち寄ってみてほしい。

スコーピオ桑村店長とサイトロンジャパン渡邉社長
スコーピオ桑村店長(左)とサイトロンジャパン渡邉晃社長(右)。「今日、インターネット通販での望遠鏡販売が増えてはいるが、実物を見て買いたいお客様のために中京圏にショールームを持ちたかった」と渡邉社長

建物
サイトロンジャパン名古屋ショールームの入り口は、スコーピオ店舗入り口の左側奥にある(写真左)。店舗前には、2台分の駐車場もある

〈関連リンク〉