2018年9月14日 月と木星が接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月14日の夕方から宵、月齢5の月と木星が接近して見える。

星図

8月17日の夕方から宵、南西の低空で月齢5のやや細い月と木星が接近して見える。肉眼や双眼鏡で接近の様子を観察してみよう。

木星は21時前後に沈んでしまうので、天体望遠鏡でガリレオ衛星や表面の縞模様を観察する場合には、早い時間のうちに見ておこう。もちろん月の欠け際のクレーター観察なども楽しみだ。南の空の土星や火星も忘れずに観察しよう。月は3日後の17日には土星と、6日後の20日には火星と、それぞれ接近する。月と木星の次回の接近は10月12日。

タグ

〈関連リンク〉