おかげさまで星ナビは創刊15周年!感謝の記念セール

このエントリーをはてなブックマークに追加
星ナビは2015年12月号で15周年を迎えることができました。ご声援に感謝し、オンラインショップで記念セールを開催中です。

【2015年11月5日 星ナビ編集部

創刊号の2000年12月号発売から15年、読者の皆様からの応援いただきここまで続けることができました。流星雨に南半球の大彗星、はやぶさの帰還や皆既&金環日食、探査機の活躍など、多くの興味深い話題がありました。

これからもさまざまな天文現象を伝えるとともに、天文ファンの思いを広く共有していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

KAGAYAさんの「星空ナビゲイション」から始まった表紙ですが、その中から特に印象深かった表紙写真をピックアップして、この15年を振り返ります。


  • 2000年12月号:創刊号の特集は「美しい星空を求めて星見旅」。右綴じの縦書きでした。
  • 2002年2月号:2001年11月のしし座流星群大出現のメモリアル大特集。綴込ポスター付き。
  • 2003年9月号:3万年ぶりの火星「超」大接近と話題に。特別付録は「火星模様早見盤」。

  • 2004年2月号:2003年11月24日に起こった南極皆既日食。極限の地での極限体験レポート。
  • 2007年4月号:南半球で見られたマクノート彗星。2005年1月号から現在の横書きに。
  • 2008年1月号:2007年末は大バーストして数十万倍の明るさになったホームズ彗星に熱狂。

  • 2008年4月号:月探査機「かぐや」が撮影した高解像、高精細画像を紹介する連載がスタート。
  • 2008年10月号:ロシア~中国の皆既日食は、天候に恵まれ多くの人がコロナを楽しみました。
  • 2009年8月号:世界天文年。46年ぶりに皆既食帯が日本の陸地を通過するも、悪天候の地域も。

  • 2010年8月号:小惑星探査機「はやぶさ」が帰還。社会現象といえるほどの盛り上がりに。
  • 2012年2月号:SNSやニュースサイトで月食などの天文現象の情報が広まり、大衆化が進む。
  • 2012年3月号:太陽のそばをすり抜けて、南半球の空で大彗星となったラヴジョイ彗星。

  • 2012年7月号:生活圏に居ながら見られる「一億総金環日食」。2週間後は金星の太陽面通過。
  • 2014年1月号:世紀の大彗星と喧伝されるも、消滅し世界中を落胆させたアイソン彗星。
  • 2014年12月号:「はやぶさ」の後継機打ち上げ。進化したサンプルリターン計画に挑みます。

  • 2015年6月号:探査機「ロゼッタ」が、活動している彗星の生きた姿を間近でとらえました。
  • 2015年9月号:2006年打ち上げの探査機「ニューホライズンズ」が冥王星の素顔を激写。
  • 2015年12月号:創刊から15年、別冊や増刊を含めて185冊を刊行。まだまだ続きます。

15周年を記念して、アストロアーツオンラインショップでは記念セールを実施中です。定期購読を特価で受付するほか、期間限定で「ステラナビゲータ10」「ステライメージ7」「ステラショット」を特価で販売。購入いただいた方には、「星ナビ創刊15周年記念USBメモリカード」をプレゼントします。

「星ナビ」創刊15周年 定期購読

「星ナビ」創刊15周年 記念セール

タグ

〈関連リンク〉

  • 星ナビ.com: http://www.hoshinavi.com/
  • アストロアーツ オンラインショップ: 月刊「星ナビ」創刊15周年 記念セール(終了しました)