「はやぶさ2」、リュウグウへ到着!

このエントリーをはてなブックマークに追加
6月27日9時35分、小惑星探査機「はやぶさ2」が目的地である小惑星「リュウグウ」へ到着した。

【2018年6月27日 JAXAISAS

27日の7時(日本時間、以下同)から行われた探査機「はやぶさ2」の運用で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は「はやぶさ2」の化学推進系スラスタを噴射して軌道制御を行った。その後、「はやぶさ2」からのデータを取得し、

  • 「はやぶさ2」の化学推進系スラスタの噴射が予定通り行われたこと
  • 「はやぶさ2」と小惑星「リュウグウ」との距離が約20kmであること
  • 「はやぶさ2」が小惑星リュウグウとの距離を維持できていること
  • 「はやぶさ2」の状態が正常であること

の4点が確認された。これをもって「27日9時35分、『はやぶさ2』がリュウグウに到着した」と発表された。

27日16時から「小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星到着に関する記者会見」が開かれ、YouTubeで見ることができる。

今後は、リュウグウの科学観測、試料採取へ向けた調査などの探査活動が行われる。

集合写真
「はやぶさ2」リュウグウ到着確認後の集合写真。神奈川県相模原市のJAXA宇宙科学研究所にて6月27日10:06ごろ撮影。手前中央がプロジェクトマネージャーの津田雄一さん(提供:JAXA)

《今後の主なスケジュール》

「はやぶさ2」情報源 Fact Sheet Ver. 2.2(2018年6月27日版)より。

  • 2018年7月末 高度5kmの中高度観測(リュウグウの地図作成等)
  • 2018年8月 高度1kmの重力計測降下
  • 2018年8月中旬 着陸地点を決定
  • 2018年9~10月 タッチダウンしリュウグウのサンプルを採取、小型ローバー(着陸機)投下
    タッチダウンは2019年5月までに計3回予定、ローバー投下は2019年7月にも予定
  • 2019年3~4月 インパクターを衝突させリュウグウに人工クレーターを生成
  • 2019年11~12月 リュウグウ出発
  • 2020年12月 地球帰還

リュウグウ
望遠の光学航法カメラ「ONC-T」で撮影された「リュウグウ」。6月26日12時50分撮影(提供:JAXA、東京大、高知大、立教大、名古屋大、千葉工大、明治大、会津大、産総研)