星ナビ1月号は「付録:星空ハンドブック2018」と「星のゆく年くる年」

このエントリーをはてなブックマークに追加
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2018年1月号は、12月5日(火)発売です。恒例の「星空ハンドブック2018」が大判になって登場。特集「星のゆく年くる年」で年の瀬を前に1年のできごとを記憶に刻みつつ、新しい1年の天文現象に想いをはせてください。人が宇宙の始まりを探ってきた歴史と、最先端の知見を解説する新連載も始まります。

【2017年12月1日 アストロアーツ

星ナビ2018年1月号表紙

新連載に合わせて、プラネタリウム番組「HORIZON」より、宇宙物理学者の小松英一郎さんが、宇宙の組成がどうなっているのかを考えている思考空間のイメージです。

星ナビ2018年1月号


綴じ込み特別付録 星空ハンドブック2018

毎年恒例のハンドブックがB5版へサイズをリニューアルして読みやすくなりました。2018年の毎月の星図と主な天文現象、惑星の動き、天体出没表などをまとめた便利なハンドブックです。

星空ハンドブック2018


暮れる2017年×明ける2018年 星の「ゆく年」

アメリカ横断皆既日食と重力波のニュースに湧いた2017年は、みなさんにとってはどんな年だったでしょうか。天文現象、天文学・宇宙探査、天文普及、望遠鏡・カメラという4カテゴリーで一年を振り返ります。

暮れる2017年×明ける2018年 星の「ゆく年」


暮れる2017年×明ける2018年 星の「くる年」

2018年は、1月と7月の2度起こる皆既月食と、15年ぶりの火星大接近に注目。惑星同や月との接近、流星群ごとの観測条件や惑星や恒星の食、明るくなる彗星など、おすすめの天文現象をピックアップしました。

暮れる2017年×明ける2018年 星の「くる年」


宇宙の地平線の向こうに ~HORIZONを越えて~ Vol.1

私たちがいる「宇宙」はどんな姿をしていて、どのようにして始まったのでしょうか。プラネタリウム映像『HORIZON~宇宙の果てにあるもの』のシーンを交えつつ、根源的な問いへ分け入る連載です。第1回は宇宙の始まりをどうやって観測するのかに迫りました。

宇宙の地平線の向こうに ~HORIZONを越えて~ Vol.1


お求めは全国の書店、またはアストロアーツオンラインショップAmazon.co.jp で。

※なお、今号より電子版の提供も開始します。電子版1月号の発売は12月9日(土)予定です。

タグ

〈関連リンク〉

関連記事