隕石の分析で火星の火山の噴火回数や成長速度を解明

このエントリーをはてなブックマークに追加
火星由来の隕石「ナクライト」の分析から、火星の火山が9000万年間に起こした噴火の回数や、火山の成長速度などが明らかになった。

【2017年10月12日 SUERCUniversity of Glasgow

火星には高さ21km以上、幅600km以上の「オリンポス山」など、太陽系で最大級の火山が存在する。火星にはプレートが存在しないため、火山は動くことはなく同じ場所にとどまり続ける。すると、噴火のたびに溶岩が新しい層を作り、それが火山の側面で冷えることで火山が大きく成長するのだ。

火星の「オリンポス山」
火星の火山の一つ「オリンポス山」。1978年6月、NASAの火星探査機「バイキング1号」撮影(提供:NASA/JPL)

スコットランド大学連合環境研究センターのBenjamin Cohenさんたちの研究チームは火星の火山について調べるため、火星由来の隕石である「ナクライト」を分析した。ナクライトは1100万年前に火星で起こった天体衝突によって火星の表面から吹き飛ばされた隕石が、宇宙空間を漂った後に地球に落ちてきたもので、火山岩であることがわかっている。

ナクライト隕石
ナクライト隕石(提供:University of Glasgow)

ナクライトの放射性同位体を利用した分析から、隕石を作った火山の成長速度が100万年当たり0.4~0.7mであることが示された。マウナケアのような地球の火山と比べると、1000分の1という遅さだ。さらに、この火山が9000万年間に少なくとも4回噴火を起こしていたことが明らかになった。

火星の火山の成長速度を知るために火星由来の隕石を使った詳しい分析が行われたのは今回が初めてで、地球と火星の火山に大きな違いがあることを示す重要な成果となった。「ナクライト隕石の歴史、つまり太陽系最大級の火山の一つについて、明確な情報が得られました。地球上の火山活動が活発なのはほんの数百万年ほどですが、9000万年で4回以上噴火を起こした火星上の火山の活動スパンは、それよりずっと長いのです」(Cohenさん)。

関連商品

天体望遠鏡の像をパソコンに動画や静止画で取り込めるCMOSカメラ。月や惑星の観測や撮影を楽しめます。

〈参照〉