2017年10月27日 イリスがおひつじ座で衝

このエントリーをはてなブックマークに追加
宵のころ東の空に見えているおひつじ座に位置する小惑星イリスが、10月27日に衝となる。明るさは約7等級で、双眼鏡や小型の天体望遠鏡で見つけられる。

星図

宵のころ東の空に見えているおひつじ座で、10月27日に小惑星イリスが衝となる。太陽‐地球‐イリスがまっすぐに並び、一晩中見える時期だ。明るさは約7等級で、空が暗ければ双眼鏡や小型の天体望遠鏡でも見つけられる。月明かりや町明かりの影響が小さい暗い空の下で、星図を頼りに探してみよう。近くにあるおひつじ座の2等星ハマルを目印にするとわかりやすいだろう。

イリスは火星軌道と木星軌道の間の「小惑星帯」の中にある、1847年に発見された小惑星番号7番の天体で、約3.7年周期で公転している。直径約200kmと大型の小惑星で、表面が太陽光を反射しやすいため、今回のように地球と接近した位置で衝になると7等級前後まで明るくなる。

イリスの位置
イリスの位置。括弧内は等級。星図の星は8等級まで

〈関連リンク〉