いざリュウグウへ 「はやぶさ2」スイングバイで目標軌道に

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月3日に地球スイングバイを行った小惑星探査機「はやぶさ2」の軌道が計測、計算され、目標の軌道上を順調に飛行していることが確認された。

【2015年12月14日 JAXA

「はやぶさ2」は12月3日(木)に地球スイングバイを実施し、19時8分7秒(日本時間)ごろに地球に最接近してハワイ付近の上空3090kmを通過した。

スイングバイ後の軌道の計測と計算により、「はやぶさ2」が目標としていた軌道上を航行していることが確認された。「はやぶさ2」はスイングバイにより軌道を大きく曲げるとともに速度を上げ、地球を離れて探査目標である小惑星リュウグウへと向かう軌道に入っている。到着は2年半後の2018年6~7月ごろの予定だ。


「はやぶさ2」が地球スイングバイ後に、光学航法望遠カメラ「ONC−T」で撮影した地球の画像も公開された。このカメラでは7つのフィルターを使ってカラー画像を取得することができ、植物の存在を示したり雲と氷の区別をつけたりすることもできる。ONC-Tカメラはリュウグウのどこに有機物や含水鉱物があるかを確認し、着陸する場所を決める役割を担う。

スイングバイ直前に「はやぶさ2」が撮影した地球
スイングバイ翌日の12月4日13時9分(日本時間)に約34万kmの距離から撮影された地球。画像右上にオーストラリア大陸、右下に南極大陸が見えている(提供:JAXA)

〈参照〉

〈関連リンク〉

〈関連ニュース〉

〈関連製品・商品〉