「オリンパスフォトフェスタ2019」で星景写真クロストーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月16日(土)、「オリンパスフォトフェスタ2019(新宿ルミネゼロ)」で、星景写真家の北山輝泰さんと「星ナビ」川口によるクロストークが開催されます。

【2019年11月13日 星ナビ編集部

お知らせ:星ナビ編集部

プロフェッショナル機の性能をコンパクトなボディに凝縮したオリンパスOM-D E-M5 Mark IIIは、写真をより楽しみたいハイアマチュアをターゲットにしているE-M5シリーズの最新モデルだ。OM-Dシリーズは、カメラ内で比較明合成を行う「ライブコンポジット」機能や、バルブ長時間露光中に積算されていく画像を確認できる「タイムバルブ」、夜間でもライブニューで構図合わせができる「LVブースト」など天体写真に便利な機能を備えている。

OM-D E-M5 Mark III
11月22日に新発売となるOM-D E-M5 Mark III(オリンパス 製品紹介サイト

新製品のOM-D E-M5 Mark IIIでは、この「LVブースト」がさらに強化され、遅延が生じにくい「表示速度優先モード」が新たに搭載された。これは、プロフェッショナル機であるE-M1Xから採用されたモードで、現在は最新バージョンにアップデートしたE-M1 Mark IIでも使用することができる。この機能を用いることで、LVブースト状態で構図合わせからピント合わせまで完了させることができ、星景撮影時の操作性が格段に良くなった。他にも、モードダイヤルに「C(カスタム)」が追加されたり、「B(バルブ)」ダイヤルが独立するなど操作性も良くなっている。

オリンパスフォトフェスタ東京会場
オリンパスフォトフェスタ2019」東京会場は新宿ルミネゼロ。入場無料。北山輝泰さんと、「星ナビ」川口によるクロストークも開催される

オリンパスでは、このOM-D E-M5 Mark IIIなどの新製品をアピールするために、10月20日から全国5都市で「フォトフェスタ2019」を開催してきた。その締めくくりが、11月16日(土)に東京・新宿で行われる。東京会場では「小型・軽量OM-Dシステムで星景を撮りに行く」と題して、写真家の北山輝泰さんと、「星ナビ」編集部の川口によるクロストークが予定されている。

トートバッグ
「オリンパスフォトフェスタ2019」会場に「星ナビ」11月号を持参すると、オリジナルのOM-Dトートバッグが貰えます

関連商品

天体写真の撮影時にカメラレンズの結露を防止する電熱線式ヒーター。DC 12V電源対応。

〈関連リンク〉

関連記事