2019年9月6日 月と木星が大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月6日の夕方から宵、月齢7の半月と木星が大接近して見える。

星図

9月6日の夕方から宵、南から南西の空で月齢7の上弦の半月と木星が大接近して見える。肉眼や双眼鏡で接近の様子を観察してみよう。

月と木星の間隔は時間の経過とともに大きくなっていく。また、どちらの天体も天体望遠鏡で拡大して眺めるのも面白い。月は欠け際のクレーターを、木星はガリレオ衛星や表面の縞模様を観察してみよう。また、左にやや離れたところには土星も見え、2日後には月と土星が大接近する。月と木星の次回の接近は10月3日。

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。

タグ