月面着陸50年ポスターで気分はムーンウォーカー

このエントリーをはてなブックマークに追加
発売中の「星ナビ」8月号は「アポロ計画クライマックス×月面マップ」の両面ポスターが付録です。迫力のB2サイズで月面着陸気分を味わってください。

【2019年7月5日 星ナビ編集部

アポロ11号による人類初の月面着陸から50年となる7月21日(日本時間)が目前に迫ってきました。7月5日発売の「星ナビ」8月号には、当時の興奮がよみがえる大判ポスターが付いています。

まずは「アポロ計画クライマックス」の面。11号の月着陸船イーグルが月面を離れ上昇してきたところを、38万km彼方の地球とともに司令船からとらえた写真がメインです。そこに、11号、12号、14号~17号のミッションパッチとそれぞれのハイライトシーンをセレクトしました。

ポスター「アポロ計画クライマックス」面
アポロ各号だけでなく、ルナや嫦娥など各国の月着陸探査機が降り立った場所も記されている。画像クリックで表示拡大

そして「月面マップ」面では、大きな月に主なクレーターや山脈などの名前と位置が描き込まれています。実際に望遠鏡で月面を観察したときに、見えている地形を調べるのに役立ちます。右側の3つの月は、上から「月の裏側」「光条と海」「高低差マップ」です。

ポスター「月面マップ」面
南極‐エイトケン盆地やツィオルコフスキー・クレーターなど裏側の地名は、月周回旅行の際に役に立つだろう。画像クリックで表示拡大

「星ナビ」8月号は、本誌でも「アポロが拓いた月のサイエンス」と題した大特集を掲載しています。7月号の付録別冊「アポロ計画全記録」とあわせて見れば、さらに月面探査への興味と理解が深まること間違いなし!

ポスター(折り目なし)
「星ナビ」8月号からポスターを切り取ったところ。奥はオンラインショップで販売中の折り目なしのポスター

付録ではB2判のポスターをB5サイズまで折り畳んだ形ですが、アストロアーツオンラインショップでは折り目なしの状態で販売中です。どちらの面も飾りたい!という方は、ぜひもう1枚お求めください。

なお、電子版ではポスターの各面をそれぞれ「1ページ表示で全体がわかる〈小サイズ〉」「見開き表示で全体がわかる〈中サイズ〉」「文字を読むための、1ページ=1/8の〈大サイズ〉」の3パターンで収録しています。

サイズ感
B2サイズはこれくらいの大きさ。お部屋に飾るとかなり存在感があります

関連商品

月刊「星ナビ」に連載された藤井龍二氏の「ギリシア神話劇場」を再構成。星空に繰り広げられる神話物語を全20話のまんがで綴ったムックの新版。

関連記事