すばる望遠鏡が「はやぶさ2」を撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月6日に地球へ帰還する探査機「はやぶさ2」の姿を、すばる望遠鏡が今月20日に撮影した画像が公開された。

【2020年11月26日 すばる望遠鏡

探査機「はやぶさ2」は現在、12月6日の地球帰還を目指して飛行中だ。小惑星「リュウグウ」のサンプルを格納したカプセルは6日未明(日本時間)に、オーストラリアのウーメラ砂漠に着地する見込みとなっている。

米・ハワイのすばる望遠鏡は科学観測の合間を利用して、11月20日未明(ハワイ時間)に「はやぶさ2」を撮影し、帰還2週間前のタイミングで探査機をいち早く出迎えた。撮影時の、地球から「はやぶさ2」までの距離はおよそ580万kmで、カシオペヤ座の方向に24.6等級の光の点として観測された。

すばる望遠鏡がとらえた「はやぶさ2」
すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ「ハイパー・シュプリーム・カム」がとらえた「はやぶさ2」(画像中央の点光源)。探査機の動きに合わせて追尾しながら観測したため、探査機は点像になり、背景の星の像は流れて写っている。2020年11月20日00:12~00:29(ハワイ時間)に撮影した3分間露出の画像を5枚合成。画角は2.0×1.0分角(提供:国立天文台、以下同)

「地球に帰還する『はやぶさ2』の姿をすばる望遠鏡がとらえることができて光栄に思います。『はやぶさ2』は、小惑星から採取したサンプルを格納したカプセルを地球に届けた後、さらなる探査の旅に出かけると聞いています。すばる望遠鏡は『はやぶさ2』の新たな挑戦にも貢献していきたいと考えています」(すばる望遠鏡 国立天文台ハワイ観測所所長 吉田道利さん)。

「はやぶさ2」の動画
5枚の画像から作成されたアニメーション。画面中央付近を移動する光点(黄色の円内)が「はやぶさ2」。画角は5.0×2.5分角

すばる望遠鏡は2010年に「はやぶさ」初号機の光跡を大気圏突入の約8時間前にとらえることに成功している(参照:「『はやぶさ』のカプセル回収を完了!KAGAYA氏撮影の再突入時の画像も」。また2015年には、リュウグウも撮影した(参照:「『はやぶさ2』のターゲットをすばる望遠鏡が撮影」)。

関連商品

上坂浩光監督制作の“HAYABUSA三部作”と特典映像をBlu-ray1枚に収録。さらにサウンドトラックCD 3枚とリーフレットを同梱した永久保存版。

〈参照〉

〈関連リンク〉

関連記事