2020年10月15日 火星がうお座で衝

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月15日、火星がうお座で衝となる。

より詳しくは「火星特集」をご覧ください。

2020年 火星


星図

宵のころ南東の空に見えている火星が、10月15日にうお座で衝となる。太陽‐地球‐火星がまっすぐに並び、一晩中見やすい時期だ。

火星は6日に地球と最接近したばかりだ。マイナス2.6等級で輝いており、明るい星が少ない秋の星空の中でひときわ目立って見えている。年内いっぱいはマイナス等級を保ち、その後はさらに暗くなるものの来年春ごろまでは比較的見やすい。今回と同程度の距離の接近は2033年まで起こらないので、チャンスを逃さず長期にわたって観察してみよう。

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。

タグ

〈関連リンク〉