2019年12月15日 ふたご座流星群が極大

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月15日、ふたご座流星群の活動が極大となる。12月14日宵から15日の明け方が一番の見ごろだが、月明かりの影響が大きいため数は少なめとみられる。

より詳しくは「ふたご座流星群特集」をご覧ください。

2019年 ふたご座流星群


星図

12月15日、ふたご座流星群の活動が極大となる。予想極大時刻は未明2時ごろで、前日14日の宵から15日の明け方にかけてが見ごろになる。

月齢18の明るい月が放射点のあるふたご座に位置して一晩中夜空を照らしているため、今年の条件はかなり悪い。好条件のときには1時間あたり100個ほど見えることもある流星群だが、今年は空の条件の良いところでも1時間あたり15~20個前後、視界が開けていないところで実際に見えるのは5~10個ほどと予想される。流れ星は空のあちらこちらに飛ぶので、月があるふたご座の方向よりは、そこから離れた方向を中心に広く空を見渡そう。防寒の備えは万全に。

毎年12月14日ごろに見られるふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群8月のペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群の一つだ。小惑星ファエトンの通り道を毎年この時期に地球が通過し、そこに残されていた塵が地球の大気に飛び込んで、上空100km前後で発光して見える。速度は比較的遅め。