火星探査機MRO、火星探査車オポチュニティを撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加
火星探査車「オポチュニティ」は、火星で5月末に大規模な砂嵐が発生して以降、通信が途絶えている。そのオポチュニティの姿が、火星探査機MROによって上空からとらえられた。

【2018年10月1日 NASA JPL

今年5月末ごろ、火星で大規模なダストストーム(砂嵐)が発生し、火星の大部分が塵で覆われてしまった。地球から見ると火星の表面の模様が不明瞭になってしまったため、15年ぶりに地球と大接近したにもかかわらず、火星の模様をはっきりと観察することはできなかった。

一方、火星では塵の影響で、太陽光が表面に届きにくくなった。そのため、太陽電池パネルによって電力を得ていたNASAの探査車「オポチュニティ」は発電ができなくなり、冬眠モードに入って交信が途絶えてしまった。

そのオポチュニティの姿を、NASAの火星探査機「マーズ・リコナサンス・オービター(MRO)」に搭載された高解像度カメラ「HiRISE」がとらえた画像が公開された。オポチュニティは、移動中だった「パーサヴィアランス谷(Perseverance Valley)」の斜面に位置する小さな物体としてとらえられている。

オポチュニティ
9月20日にMROが上空約267kmからとらえたオポチュニティ(白い四角の中央)。画像クリックで表示拡大(提供:NASA/JPL-Caltech/Univ. of Arizona)

オポチュニティは2007年にもダストスト―ムに遭遇している。その際の大気の不透明度の値は5.5(大きいほど不透明)ほどだったのに対し、今回は10以上にまで悪化していたと見積もられている。9月20日にMROが取得した画像によると、不透明度の値は約1.3まで改善したことが示されており、ダストストームの影響が小さくなったことがうかがえる。

しかし、依然としてオポチュニティとの交信は途絶えたままだ。NASAジェット推進研究所の運用チームは、火星で14年も探査を続けてきたオポチュニティに向けて、コマンドの送信頻度を上げて通信を試みている。

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。

〈参照〉

〈関連リンク〉