星ナビ6月号は「創刊200号記念 宇宙写真200 Part1」

このエントリーをはてなブックマークに追加
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2017年6月号は、5月2日(火)発売です。おかげさまで「星ナビ」はこの6月号で創刊200号を迎えます。6月号、7月号の2号連続で記念特集を掲載。私たちの「宇宙観」を変えた宇宙写真200枚を解説しました。この夏の皆既日食、そしてこれから起こるさまざまな天文現象も、星ナビをお供に楽しんでください。

【2017年5月2日 アストロアーツ

星ナビ2017年6月号表紙

人々を動かした「宇宙写真」の001、1969年7月21日の月着陸船「イーグル」と地球です。人類初の月面着陸を果たしたニール・アームストロング船長と、エドウィン・オルドリンを乗せたアポロ11号の月着陸船が、司令船「コロンビア」とのドッキングに向けて上昇してきたようすをとらえました。

星ナビ2017年6月号


創刊200号記念「宇宙写真200 Part1 20世紀の100枚」

2000年12月号の創刊から200号を記念して、「天文学や宇宙探査、宇宙開発において大きな躍進をもたらした写真」を200枚紹介する特別企画です。6月号は第一弾として「20世紀の宇宙写真100」を取り上げています。人と天文学と宇宙が開いてきた歴史を追体験してください。

創刊200号記念「宇宙写真200 Part1 20世紀の100枚」


国産プラネタリウムの源流

ドームに星を映し出すという近代的なプラネタリウムが誕生したのは1923年のドイツです。しかし昭和30年代以降、日本でも熱い想いをもった人々がプラネタリウム製作に成功し、やがて各地に広がっていきました。さまざまな「国産」プラネタリウムの黎明期を、貴重な資料写真とともに紹介します。

国産プラネタリウムの源流


日食を撮る 4「コロナと皆既前後の光景の拡大撮影」

いよいよ日食拡大撮影のメインテーマである、コロナやダイヤモンドリングの撮影法について解説します。目で見たようなコロナを再現するために必要なことや、彩層・プロミネンス、そしてフラッシュスペクトルの撮影まで具体的に紹介しました。

日食を撮る 4「コロナと皆既前後の光景の拡大撮影」


アメリカ横断皆既日食の観測準備と昼間の極軸合わせ

皆既日食まで3か月となり、撮影を予定している方は当日の手順確認や機材の選定に入る頃でしょう。機材のチェックポイントや、昼間に赤道儀の極軸を合わせる方法を解説します。天候の神様「気象神社」へのお参りもお忘れなく。

アメリカ横断皆既日食の観測準備と昼間の極軸合わせ


お求めは全国の書店、またはアストロアーツオンラインショップAmazon.co.jp で。

200号記念キャンペーン展開中

タグ

〈関連リンク〉

関連記事