2016年11月6日 月と火星が接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月6日の夕方から宵、南から南西の空で月齢7の月と火星が接近して見える。

星図

11月6日の夕方から宵、南から南西の空で月齢7の月と火星が接近して見える。火星は5月31日の地球最接近のときと比べて1億km以上も遠ざかり見かけの大きさも半分以下になったが、明るさは0等台で依然としてかなり目立っている。並んだ様子を肉眼や双眼鏡で眺めたり、天体望遠鏡でそれぞれを拡大観察したりしてみよう。次回の接近は12月5日

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。

タグ

〈関連リンク〉