JAXAが名称変更 国立研究開発法人に

このエントリーをはてなブックマークに追加
独立行政法人制度の改革にともない、4月1日よりJAXAの法人名称が「国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構」に変更される。

【2015年3月31日 JAXA】

JAXA(現・独立行政法人 宇宙航空研究開発機構)の法人名称が、4月1日より「国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構」に変更される。

これは「独立行政法人通則法の一部を改正する法律」の施行にともなうもので、現行の独立行政法人が、業務の特性に応じて「中期目標管理法人」「国立研究開発法人」「行政執行法人」の3つに区分される。組織活動の目標を指示する主務大臣(JAXAの場合文部科学大臣、内閣総理大臣など)が評価までを行うことで目標と評価の一貫性・実効性を向上させるなど、研究開発成果の最大化を目指す。

JAXAのほか理化学研究所、海洋研究開発機構など31法人が国立研究開発法人として分類されている。

現行制度と新制度の違い
新制度では主務大臣の関与を高め、研究開発成果の最大化を図る。クリックで拡大(提供:財務省広報誌「ファイナンス」2014年9月号より)

〈参照〉

〈関連リンク〉