カメラレンズブランド「KamLan」日本公式サイト開設

このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾のカメラレンズブランド「KamLan」の日本正規総代理店である株式会社サイトロンジャパンが、2月7日にKamLan日本公式サイトを開設した。

【2024年2月8日 星ナビ編集部

台湾のカメラレンズブランド「KamLan(カムラン)」の日本正規総代理店である株式会社サイトロンジャパン(本社:東京都新宿区)が2月7日にKamLanの日本公式サイトを開設した。

KamLanは、2016年に台湾のレンズメーカー「Machang Optical社」(瑪暢光電有限公司)によって設立された。以来、非常に明るく軽量コンパクト、高品質で長持ちする製品を手ごろな価格で提供し続けている。その背景には、決して品質に妥協することなく常に最高の素材を調達して、スタッフの設計・製造能力を最大限に活用するというレンズの開発・製造に対する真摯な姿勢があるとのこと。

現行のラインナップは、APS-Cフォーマットをカバーするイメージサークルを有するMF(マニュアルフォーカス)レンズ。対応マウントはマイクロフォーサーズ / Canon EF-M / Sony E / Fuji X(KamLan FS 7.5mm F3.2 はマイクロフォーサーズのみ)で比較的お求めやすい価格設定も魅力のひとつ。開放F1.1の大口径レンズも多く、フルサイズ機に比べて単焦点レンズのラインナップの少ないAPS-C機の天体写真用レンズにも適している。

サイトロンジャパンは、2019年からその日本の総代理店として、KamLanのレンズと日本語での安心のアフターサービスを日本のユーザーへ届けている。今後は、KamLan日本公式サイトを通じて、商品の新着情報や製品情報などを発信する。

KamLan日本公式サイトのメインイメージ
KamLan日本公式サイトのトップページに配されている「KamLan 50mm F1.1 II」(中央)(提供:株式会社サイトロンジャパン)