星座八十八夜 #37 ラカイユの美術道具シリーズ「ちょうこくしつ座」

このエントリーをはてなブックマークに追加
彫刻家のアトリエの風景を描いた、絵画的な星座です。ラカイユの作った新しい星座には、これと対をなす「ちょうこくぐ座」というものもあります。

【2023年11月7日 アストロアーツ

星座八十八夜

「スマホで楽しむ星空入門」より抜粋)

見どころ

星座の名前を漢字で書くと「彫刻室座」です。

この星座は星座絵では、台に載せられたトルソー(石こう像)と机、机の上にノミなどが描かれています。ただし、星座の星の並びからこれらの彫刻道具を想像するのは、むずかしいでしょう。

星座そのものは意外と大きく、となりの〈みなみのうお座〉を裏返しにしたような形をしていますが、最も明るい星でも4等星と、目立たない星座です。

ちょうこくしつ座

88星座の見所を紹介!「スマホで楽しむ星座入門」

「スマホで楽しむ星座入門」では、いつどのように見えるの?星座誕生の由来は?などを星座一つ一つについて紹介。星空観察の入門にピッタリな一冊です。神話のエピソードや星座どうしの意外なつながりなども見えてきますよ。デジタルアーティストKAGAYAの美しいイラストが誌面を彩ります。

スマホで楽しむ星空入門」では、星図アプリ「星空ナビ」とも連動。二次元コードをスマートフォンで読みとると、夜空の中で星座が見える方向を教えてくれる「ガイド機能」が使えます。見つけにくい星座も「星空ナビ」を使って、実際の夜空で探してみましょう!

スマホ星座入門

関連商品

傘の内側に北緯35度で見られる星座を描いた天文ファンに大人気グッズがリニューアル

関連記事