星ナビ12月号は「星のアプリ」と「星空カレンダー2019」

このエントリーをはてなブックマークに追加
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2018年12月号は、11月5日(月)発売です。観望や撮影で、スマホやタブレットで便利に使えるアプリを特集しました。晩秋から冬にかけて訪れる流星群の季節には、流星のスペクトル撮影がおすすめ。毎年好評の「星空カレンダー2019」も付いてます!

【2018年11月2日 アストロアーツ

星ナビ2018年12月号表紙

三本松尚雄さんによる、10月10日の21Pジャコビニ・チンナー彗星とカモメ星雲の接近です。


綴じ込み特別付録 星空カレンダー2019

毎年恒例のカレンダーが特別付録。印象的な表紙は「スーパームーン後日のパール富士」です。ほかにも山の稜線から顔を出すカノープスや、桜と天の川、輝く灯台と昇るさそり座、凍りつく滝と北天の日周運動など、過去1年間の「星ナビギャラリー」掲載作から季節感あふれる9点をピックアップ。

綴じ込み特別付録 星空カレンダー2019


今すぐ使ってみたい「星のスマホアプリ」

スマホやタブレットは天体観測でも大活躍。天体の位置を教えてくれる定番の星座アプリから、お天気や方位、太陽や月の出没時刻がわかるアプリ、極軸合わせに便利なアプリまで、今夜から役立つツールを紹介します。

今すぐ使ってみたい「星のスマホアプリ」


流星スペクトル「虹色の流星」と「流星の物理」

実は「燃えて光っているのではない」流星。虹色の流星、つまりスペクトル撮影をすることで、なぜ流星は光るのか、そしてどのようなプロセスで輝いているのかをさぐることができます。秋から冬の流星群シーズンで、スペクトル撮影に挑戦しませんか。

流星スペクトル「虹色の流星」と「流星の物理」


星の都の物語~ドイツ・前編~「ロケットの生まれた街」

ドイツには、私たちと宇宙を結びつける2つの“機械”が生まれた場所があります。近代ロケット発祥の地ペーネミュンデと、プラネタリウムが生まれた街イエナ。前編では、ベルリンで開かれた国際航空宇宙ショーとペーネミュンデを訪れます。

星の都の物語~ドイツ・前編~「ロケットの生まれた街」


「はやぶさ2」ミッションレポート3

小型機「MINERVA-II1」の2機のローバーと、「MASCOT」の着陸を成功させた「はやぶさ2」運用チーム。順調に進んでいるかのようにみえたミッションでしたが、ここにきて本体の着陸(タッチダウン)を延期するとの発表が。そのわけは?

「はやぶさ2」ミッションレポート3


お求めは全国の書店、またはアストロアーツオンラインショップAmazon.co.jp で。電子版も電子書籍ストア各社で配信しています。

星ナビ2018年12月号

タグ

〈関連リンク〉

関連記事