花火のような銀河の衝突現場

このエントリーをはてなブックマークに追加
3000万光年彼方に、銀河同士が衝突して作られた美しい環状構造が見つかった。これまで同様の構造が発見された中で最も近距離にあるものだ。

【2015年8月18日 Royal Astronomical Society

天の川の向こう側に、銀河同士の衝突で作られた環状構造が発見された。完全な環が見られる衝突銀河はこれまでに20例以下しか知られておらず、今回の発見はその中で最も私たちに近いものとなる。

「Kathryn’s Wheel」の愛称が付けられた銀河ESO 179-13
「Kathryn’s Wheel」の愛称が付けられた銀河ESO 179-13(提供:Ivan Bojicic / the scientific team)

衝突銀河ESO 179-13は、さいだん座の方向3000万光年の距離にあり、天文学的には比較的近いところに位置している。距離が近いにも関わらず環の存在が知られていなかったのは、天球上での銀河の位置が天の川に近く、星が密集したエリアの背後で明るい星のそばにあたるためである。

銀河の周囲に見られる環は、衝突の衝撃波で銀河のガスが圧縮され、新しい星の形成が引き起こされて作られる。整った環状構造となるのは、同程度の質量を持つ銀河同士がちょうど中心で衝突した場合という、非常に珍しいものだ。

「見た目が素晴らしいだけではありません。近くにあるおかげで、詳細に研究することができるのです。環の質量は天の川銀河の1%にも満たない小さなものです。これまで考えられていた以上にはるかに小さな銀河同士の衝突でも、環が形成されることがわかりました」(香港大学 Quentin Parkerさん)。

関連商品

天体画像処理ソフト「ステライメージ9」と、画像処理の基礎知識やステライメージ9を使った画像処理方法について解説した公式ガイドブックとのセット。