野口さんISSに到着、3度目の宇宙滞在をスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
野口聡一さんたち4人の宇宙飛行士が搭乗したクルードラゴン宇宙船が17日、国際宇宙ステーションとドッキングした。野口さんは2010年6月以来3度目となる宇宙滞在をスタートした。

【2020年11月17日 JAXA/JAXA 野口宇宙飛行士の活動レポート(1)(2)NASANASA Blogs - NASA's SpaceX Crew-1 Mission

野口聡一さんたち4人の宇宙飛行士が搭乗した米・スペースX社の宇宙船「クルードラゴン(クルー1)」が、日本時間(以下同)11月17日13時ごろに国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングに成功した。

ISSに接近中のクルードラゴン
ISSに接近中のクルードラゴン(提供:JAXA/NASA、以下同)

「日本の皆さま。クルードラゴン運用初号機、無事にISSにドッキングしました。国際パートナーの一員として民間宇宙船のドッキング成功に立ち会えて、とても幸せです。われわれ、レジリエンス・クルーは、訓練の間、そして打ち上がった後も、様々な困難な状況に直面しましたが『全集中』で乗り切ってきました。これから半年間の宇宙滞在も皆さんと感動を分かち合いましょう。All for one, Crew-1 for all !」(ドッキング直後に行われた地上との交信にて野口さん談)。

ISSとクルードラゴンとの間で気圧調整などが行われた後、15時14分ごろにハッチが開かれ、野口さんたちはISSへ入室した。ISSには今年10月から3名の宇宙飛行士が滞在しており、野口さんたちが加わったことで過去最多の7人体制となった。

クルー
ウェルカムセレモニーの様子。手前の4人が今回到着したクルーで、右端が野口さん

野口さんの宇宙滞在は2009年12月~2010年6月以来で自身3度目(長期滞在としては2度目)となる。約半年間の滞在中、「きぼう」日本実験棟を利用した様々な実験等が予定されている。

《宇宙航空研究開発機構 山川宏理事長談話(抜粋、要約)》

野口宇宙飛行士は、今回が3回目の宇宙飛行であり、米国人以外で初めて米国の新型宇宙船に搭乗いたしました。

今回の長期滞在ミッションテーマである「挑戦」に沿うべく、野口宇宙飛行士はISSにおいて、「きぼう」日本実験棟を利用して、将来の月探査に繋がる技術実証をはじめ、立体臓器の創出を目指した培養技術の開発や、火災安全性向上に向けた固体材料の燃焼現象に関する実験など、様々なミッションに取り組みます。

野口宇宙飛行士のISS長期滞在中、野口飛行士が、「きぼう」の運用・利用を通じて素晴らしい成果を創出することを期待しております。

関連記事