野口さん、今月15日に宇宙へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
野口聡一宇宙飛行士が搭乗するクルードラゴン宇宙船の打ち上げは延期されていたが、安全性などが確認できたとして、日本時間11月15日に実施されることが発表された。

14日更新:天候不良のため打ち上げは延期され、16日(月)午前9時27分(日本時間)となりました。


【2020年11月11日 JAXA(1)(2)

野口さんたち4名の宇宙飛行士が搭乗する米・スペースX社の宇宙船「クルードラゴン(クルー1)」は当初、10月31日に打ち上げられ国際宇宙ステーション(ISS)へ向かう予定だったが、打ち上げに使われるファルコン9ロケットに不具合が見つかったため延期されていた。

11月10日(米国東部時間)にNASA、JAXA、スペースX社の代表者たちが飛行準備審査会を開催し、安全性と準備状況を確認して、打ち上げ日時を正式に決定した。ロケットは11月15日(日)9時49分(日本時間)に米・フロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられる。

同じ10日には打ち上げ直前記者会見が開かれ、野口さんたちが参加した。「(5月と8月にクルードラゴン試験機でISSと往還した)Demo-2クルーから話は聞いていますが、クルードラゴンの打ち上げを経験するのは初めてです。音や振動をどのように感じるのか楽しみにしています」(野口さん)。

記者会見に参加した野口さんたち
記者会見に参加した野口さんたち(提供:JAXA/NASA)

また、その後に開催された日本の報道機関向けのオンライン単独記者会見で野口さんは、「運動会の前日の子供のようなわくわく感と、仲間と大事な日を迎える緊張感の両方を感じている」と現在の心境を語り、「この厳しい環境の中で、新しい未来への夢と希望を分かち合えるようなミッションにしたい」と述べた。

関連記事