2019年2月 岩本彗星が6~7等

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年2月ごろまで、岩本彗星(C/2018 Y1)が比較的明るく見えると予想されている。おとめ座、しし座、かに座、ふたご座と黄道星座を通り過ぎていきながら、レグルスやカストルと接近する。

星図

2月ごろ、岩本彗星(C/2018 Y1)が比較的明るくなって見えると予想されている。

1日にはおとめ座にあり、ここからしし座、かに座、ふたご座と黄道星座を逆行するように動いていく。とくに地球と最接近する13日前後には、1日あたり7度ほども天球上を動く。スピカ、レグルス、カストルと明るい星の近くを通ったり、ソンブレロ銀河M104、しし座の河M95, 96, 105と接近したりするので、見るのも撮影するのも楽しめそうだ。13日が上弦、20日が満月となるため、月の前半は夜半以降、後半は宵から深夜ごろの観察が良いだろう。

岩本彗星は2018年12月に徳島県の岩本雅之さんが発見した新彗星で、岩本さんの名前が付けられた3個目の彗星である。

2月の見え方
2月の見え方(場所の設定は東京)。日付横の括弧内は予想等級。彗星は模式的に表現している。画像クリックで表示拡大

赤道座標の星図
赤道座標の星図。日付横の括弧内は予想等級。彗星は模式的に表現している。画像クリックで表示拡大

※予想等級は2月18日時点のものです。

〈関連リンク〉